サイドバッグを正しく取り付けて安全な旅を

実際に利用してみよう

サイドバッグは荷物の積載量が格段に上がります。付けたままにしても邪魔にならないので1度着けると手放せません。緊急用工具やパンク修理セット、雨具などを入れておくと、いざというときすぐに使えて便利です。また、ツーリングに出掛けるときなどに必要なものを収納できる大容量タイプもあります。バイクの横に荷物を配置するので走行中の安定性に影響することがあります。荷物の配置には注意して使用しましょう。

サイドバッグの取り付け方

サイドバッグを取り付けよう

サイドバッグの取り付けですが色々な方法があり、一概には言えません。専用の金具などがあればそれを購入して取り付けるといいのですが、価格や好みの問題もあります。マジックテープで固定するのであれば、シートを外してフレームに固定するので比較的簡単に取り付けできます。また、ものによってはウインカーの取り付け位置を変更して取り付けている人もいます。もし、自分で取り付けるのが心配であればショップにお願いするのもいいでしょう。

サイドバッグにはサポートがお勧め

サイドバッグのサポートとは、サイドバッグは後輪の横に付けるので、バッグとタイヤが接触しないようにするための部品です。サポートを取り付けることでタイヤとバッグの接触を防止します。走行中のタイヤにバッグを巻き込んでしまうと大事故につながり大変危険です。無くても取り付けできるサイドバッグもありますが使用をお勧めします。

取り付け後の部品の干渉に注意

サイドバッグを取り付けて使用していると思わぬ所が干渉して、バッグに穴が開いてしまうことがあります。バッグに荷物を入れると重さでバッグの位置が変わるのでその都度確認するといいでしょう。サポートはタイヤとの接触を防止できますが、他にも色々な部品が複雑に付いていますので気をつけて下さい。

サポートとチェーンカバーの接触に注意

サイドバッグのサポートが他の部品に干渉してしまってはどうしようもありません。取り付けたときは干渉していなくても、運転手が乗った状態でサスペンションが動作することによって位置が変わります。チェーンカバーに触れると大変危険ですので、走行中のことも考え、確認しましょう。

すり抜ける時は気をつけて

サイドバッグを取り付けるとものによっては横幅が広くなります。バイクは走行中にすり抜けをすることがありますので、サイドバッグを取り付けた後は横幅が広くなっていることを意識することが大切です。今までの感覚でいると思わぬ所でサイドバッグが接触してしまうことがあります。事故を起こさないように注意して下さい。

サイドバッグを正しく取り付けて安全な旅を

おもちゃ

サイドバッグの選び方

サイドバッグにも種類があるので、バイクに合わせて気に入ったものを付けたいですね。ただし、サイドバッグならどれでも付けられる訳ではありません。バイクの形式により取り付けられるバッグも限られてきます。失敗しないためには、できれば試着させてもらうことが大切です。確認するところは、マフラーやウインカーに干渉しないか、マフラーは熱を持つのでバッグの素材によってはヒートガードが必要かどうかなどです。リアにカウルがある場合はバッグとの摩擦で色落ちすることもあるので保護フィルムを貼ることも必要になります。

ツーリングで持っておくと便利なもの

長時間の走行でお尻が痛くならないようにバイク用の座布団があるといいですね。同じく長い間スロットを握っていると疲れるのでスロットアシストがお勧めです。他にも沢山ありますが、中でも燃料の携行缶がお勧めです。以外とガソリンスタンドが見つからないといった場合があり、そんなとき1Lの燃料がとても役に立ちます。

バイク好きの必須アイテム

サイドバッグはツーリングに行くときに必ず持っていきたいアイテムです。長時間のツーリングであれば荷物も増えるでしょう。バイクですから荷物を詰め込む量に限度がありますが、サイドバッグは劇的に搭載量を増やす事ができて、しかもバイクを装飾してくれます。サイドバッグを利用してより心地良いツーリングを楽しんで下さい。

広告募集中